コラム

  1. ホーム»
  2. お知らせ・コラム»
  3. コラム»
  4. 在校生が「グローバルスピーチコンテスト2019」の最終選考へ!

6.4.2019在校生が「グローバルスピーチコンテスト2019」の最終選考へ!

こんにちは。竹原です。

 

6月1日(土)、「グローバルスピーチコンテスト2019」を見学してまいりました。

当校の生徒が最終選考に残りまして、その応援に駆け付けました。

 

「”What are your hopes for the future of our society?”(未来社会への希望・夢とは?)」

という大きなテーマに対して、本当に高校生だろうかと思うほど、堂々と演説をしてくれました。

 

彼は高校1年生にして”work”に着目し、AIなども引き合いに出しながら熱く語りました。

 

今回、残念ながら彼は優勝者にはなれませんでした。

しかし、以下のような著名な先生方が、審査員としていらっしゃり、

 

・吉田研作 様(上智大学特別招聘教授 言語教育研究センター長)

・三科清一郎 様(日本経済新聞社編集局 国際部次長)

・ロビン・ハーディング 様(フィナンシャル・タイムズ東京支局長)

など

 

先生方の中から「内容がとても良かった」と、お褒めの言葉を頂きました。

 

そして今回のコンテストにおきまして、痛感致しましたこととしましては、

周りを見ても、プレゼンはさることながら「質疑応答」に立派に答えていたことです。

 

それは高校生とは思えないレベルの高さであり、

高校生の英語学習に対する底力を感じました。

 

全国から集まった9名が、

各地で、こうして英語を邁進していることに、強い感銘を受けたと同時に、

今後の竹原英語スクールにおいても、将来の英語の在り方を見据えないといけないと、

改めて気が付いた素晴らしいコンテストでした。

 

さて、私はこれから現地スタッフと事前打合せのため、

2019年度短期留学で訪れる、オックスフォードに行ってまいります。

ファイナリストとなった在校生も、昨年の留学に参加し、とても成長して帰国しました。

そして今年も、インテンシブコースというハイレベルな授業を受けに、

彼も一緒に、オックスフォードに旅立ちます!

 

そんなこれからの未来ある生徒達が安全で、充実した環境で学習できるよう、

直接お話してまいります。

 

竹原惠子


PAGE TOP